Special Contents

飽くなき探究心を抱き、前代未聞のチャレンジを繰り返した伝説の飛行家アルベルト・サントス=デュモン。22もの飛行マシンを設計するだけでなく、シルクハットとスーツをあわせて上品に着こなすファッショニスタとしての側面を持ち、芸術・科学の世界にも多くの交流をもつ社交家でもあった。1904年、カルティエの3代目当主ルイ・カルティエとの出会いから生まれた世界初の実用的腕時計「サントス ドゥ カルティエ」は、そんなサントス=デュモンの強い意志と多様な個性を色濃く反映している。魅力あふれるその多様性を、様々な視点から読み解く。

Santos Man