Design

The style of SANTOS

1世紀以上の歴史を持ちながら進化を続けるサントス。2018年に登場した最新作では、ファーストモデルから受け継がれたパリの幾何学的な美意識にのっとったスクエアのフォルムや、ベゼルを飾る8本のビスなど、オリジナルから受け継がれたカルティエのデザインコードはそのままに、絶妙にディテールを変更している。特徴的なベゼルは、スクエアのなかに緩やかな丸みを帯びたラインがブレスレット(ストラップ)へと流れていく、新たなフォルムを形成している。印象としては、とても滑らかで、モダンかつ洗練されたデザインとなっている。そこがカルティエ・デザインの妙である。また、豊富に揃えられたレザーストラップは簡単に自分で交換が可能なシステムを備えており、現代の男性の多様なライフスタイルとマッチする。

Use a bold motif

サントスの特長の一つは、その後の腕時計に大きな影響を与えたスクエア フォルム。さらに特徴的なのは、誕生当時のパリで発展が著しかった建築や建造物からのインスピレーション。なかでも本来工業的で飾り気がないはずのビスを大胆にもデザインの一部として取り入れ、エレガントな意匠へと昇華させたあたりに、このモデルの先鋭性が象徴されている。

Express icons elegantly

サントスをはじめ、カルティエ・ウォッチにはブルーのリューズが使用されている。いまやこの美しいブルーのリューズはカルティエ・ウォッチの代名詞。またローマ数字のインデックス、美しいブルースティールの針など、カルティエ ウォッチのデザインコードを随所から読み取ることができる。

Apploach to Innovation

最新のサントスでは、さまざまなオケージョンへの対応が求められる現代の男性に向けて、モダンなアップデートが行われた。なかでも革新的なのはブレスレットやストラップのカラーを簡単に変更できる独自の“クィックスイッチ”。またブレスレットはサイズを自分自身で簡単に調整できる“スマートリンク”を採用。耐磁性、防水性も高めている。